降圧薬のはたらき

降圧薬の種類と効果

病院で処方される降圧薬は血圧を正常値にコントロールするためのものです。降圧薬は様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。患者の症状に合わせて最適なものが処方されます。現在、病院で最も多く処方されているのはカルシウム拮抗薬と呼ばれるタイプの降圧薬です。これは血管の収縮作用があるカルシウムイオンをブロックする作用を持つ薬で、筋肉を弛緩させて血管を広げ、血圧を下げる効果があります。特にDHP系と呼ばれるタイプは即効性で、服用後すぐに効果が現れます。そのため狭心症をはじめ多数の症例に対して第一の選択肢に入る薬です。カルシウム拮抗薬に次いで使用されるのがARBと呼ばれる薬です。交感神経に働きかけて抑制することや血管を広げる効果などで血圧を下げますが、心肥大を抑制する心臓保護効果や腎臓の保護効果、インスリンの効きをよくして糖尿病の発症を防止する効果など降圧薬としてだけではなく様々な効果を持ちます。このため心臓の合併症や糖尿病患者などの場合に第一候補として使用されます。海外において多く利用される薬としては、値段も安く効果も高い利尿薬があります。サイアザイドと呼ばれる薬は、ナトリウムの吸収を阻害して体内の濃度を低下させ、循環血液量の減少と末しょう血管の抵抗を下げることで血圧を低下させます。カリウム保持性利尿薬は腎臓からナトリウムを排出させて血圧を下げます。また心不全の予後にも大きな改善効果が報告されています。ひとつの降圧薬では血圧が十分下がらないことがあり、その場合は複数の薬を併用することがあります。しかし管理が難しくなるため近年では2種類の薬をまとめた配合剤も作られています。カルシウム拮抗薬とARBを1粒としてまとめた合剤などが処方されています。
ノルバスクと成分アムロジピンの詳細はこちら
ミカルディスで高血圧症の治療開始
【ミカルディスにも含まれるテルミサルタン