降圧薬のはたらき

何故血圧が下がるのかわかっていない降圧薬

現在、日本では約4300万人もの方が高血圧で治療を受けている、また高血圧予備軍と言われています。
これだけ高血圧患者が多いのは、他の国に比べ塩分の摂取量が多い方と考えられています。
塩分の多い食事をすると、血中のナトリウム濃度が上昇する為、体は濃度を下げようとして血管内に水分を送り込むのです。
すると、風船の中に水を入れたように、血管壁にも圧力がかかり結果、血圧は上昇してしまいます。

塩分の過剰摂取の他にも、メタボや運動不足、喫煙やアルコールの摂取、ストレスなど高血圧を引き越す要因は様々です。
高血圧の状態が長く続くと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞や腎臓病といった、他の合併症を引き起こすリスクが上昇してしまいます。
ですので、日頃から家庭で計測できる血圧計を活用して、毎日の血圧をチェックしたいものです。
もし、病院での診察で高血圧と診断された場合、通常は降圧剤によって治療が行われます。
降圧剤には様々な種類があり、合併症があるかないかなどを考慮して、患者に合った薬が処方されます。

現在、ポピュラーに処方されている降圧剤として、カルシウム拮抗剤は有名な薬です。
カルシウム拮抗剤は動脈の血管を収縮させる、筋肉の細胞にカルシウムイオンを入らせないようにする効果を持っています。
カルシウム拮抗剤の他にはベータ遮断薬という、心臓の動きを抑制し血圧を下げる降圧剤も、多くの方が服用している薬です。

ただ、これらの降圧剤は最初から、高血圧の治療薬として処方されていた訳ではありません。
カルシウム拮抗剤もベータ遮断薬も、元々や狭心症や心筋梗塞の予防として処方されていました。
服用した方に血圧を下げる効果が見られた為、降圧剤として世界中で処方されるようになったのです。
実のところ、降圧剤がどのような仕組みで血圧を下げるのか、分かっていないのが現状です。