降圧薬のはたらき

血管内皮障害による指先病変と降圧コントロールの重要性

高血圧は自覚症状に乏しく放置されやすい病気です。気がつかない間に脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞等その他循環器系の大病を引き起こすことになりがちです。高血圧がサイレントキラーと呼ばれる所以でもあります。必要以上の圧力がかかった血液を長年にわたって供給する役目を担った全身の血管は傷ついており、血液自体も粘性の高いものになっています。傷ついた血管の内皮にはコレステロールが沈着し血管は脆くなって行きます。そして更に血液の流れを悪くして行きます。この状態を血管内皮障害と呼んでいます。血管内皮障害は指先にも及び、初期段階では手足の指先に痺れやむくみ、冷えとなって現れます。放って置くと閉塞性動脈硬化症やアテローム性動脈硬化症、ビュルガー病に進行し、特に足の指先に重大な障害を引き起こします。血管内皮障害の度合いはかなりひどく、部位によっては破裂する事さえあります。ここまで病状が進行すると最早薬物療法では対処しきれず、手術よる切断が必要になります。しかし初期段階であれば、降圧コントロールを行うことで血管内皮障害の進行を止めたり、遅らせる事が十分可能です。食事療法を施し、降圧剤や血流改善薬を医師の指導のもと上手に組み合わせて使用し、降圧コントロールに結びつけることが重要です。又、現在は健康であり血圧に何らの異常を認められない人においても安心は出来ません。暴飲暴食や塩分の取りすぎ、喫煙、睡眠不足は血圧上昇のリスクを上昇させる要因となります。特に血圧に不安をお持ちの方は、日々の血圧測定を怠らず、記録をつけることで、異常があった際には自覚症状に頼る事なく気がつくことが可能になります。日々の生活環境に配慮し、高血圧から自分の身を守りましょう。