降圧薬のはたらき

降圧薬それぞれの副作用

薬物療法に用いられる降圧薬には、一般的にCa拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬の5種類があります。
高血圧治療の為に最初に用いられる降圧薬は、病態や検査の結果によりβ遮断薬以外を単剤で用いるが、降圧目標を達成する事が出来ない時には数種類の薬剤を併用して治療を継続します。
Ca拮抗薬は、降圧効果が最も強力で副作用が少なく、幅広い症例で第一選択薬として用いられ、血管平滑筋細胞膜の電位依存性Caチャネルに作用して、血管平滑筋細胞へのCaイオンの流入を阻害する事により血管収縮を抑制し、末梢血管抵抗を減弱して降圧作用を発揮します。
Ca拮抗薬の副作用は、頭痛や動悸、胸やけ、ほてり、浮腫み、血糖値の上昇、鬱などです。
ARBは、昇圧作用を持つ生理活性物質であるアンジオテンシンIIと受容体との結合を阻害し、血管を拡張させる降圧薬であり、副作用としては血管浮腫や高カリウム血症、間質性肺炎、腎不全、肝炎、失神などの症状が見られます。
ACE阻害薬は、昇圧作用を有するアンジオテンシンIIの産生を促進するアンジオテンシン変換酵素とブラジキニンの分解抑制阻害し、降圧作用やインスリンの感受性改善、腎保護作用などが期待出来ます。
ACE阻害薬の副作用としては、咽頭部のイガイガ感を伴う空咳やアルドステロン分泌抑制作用による高カリウム血症、血管性浮腫、低血圧、頭痛などの症状が見られます。
利尿剤は、強力な利尿作用による降圧効果により、頭痛やのどの渇き、耳鳴り、筋力低下などの副作用が見られ、神経機能の低下などを引き起こす低カリウム血症や精神錯乱などを引き起こす低ナトリウム血症などの副作用を発症するケースもあります。
β遮断薬は、心機能低下や洞機能不全、房室ブロック、消化器症状、離脱症状、離脱症候群などの副作用を発症するケースがあります。